パパ探しで騙された事例

パパ探しでついにいい人を見つけたと思ったら、全く別のイメージを持っている人だったことはあります。しかし騙されたというのはほとんどないんです。今回は数少ない騙されてしまった話で、出会い系サイトを使う時には気をつけてほしいことです。

家出中で切羽つまった状態だと男性を見分けることがことが難しい良い事例です。

最初は条件が良くて満足できそうだった

掲示板に、男性を募集していることを書いて、援助を期待することにしました。パパ活は出会い系サイトを使うことが必要で、掲示板を利用することが一番楽なんです。援助だって高い人も来てくれて、メールなどですごい金額を出してくれる人もいます。そうしたパパ探しを行なっていた時、多くのメールが届いていました。
メールの内容を1つ1つ読んでいくと、駄目な人もたくさん出てきます。1万円でお願いとか、食事は無料で体は2万円とか。こうしたのは結局無視していましたが、掲示板から書き込みやメールがどんどん来ているので大変です。そうした中で愛人の募集してるんだけどというメールがありました。これはパパ探しの期待が高まる思っていましたが、とんだ凡ミスをしてしまったのです。

適当に確認してそのまま出会ってしまった

出会い系サイトを使った時に、パパ探しの際はできる限り確認をした方がいいです。パパ活をしているときは、年齢や収入などを確認して、本当に掲示板から付き合いをしていいのかをチェックするんです。しかしその日は舞い上がってしまい、10万円という金額を見せられた時にこのまま出会おうと思ってしまいました。
何ら写真の確認もしないまま、愛人の募集に応じるよと返しました。ついでに今日中に出会いたいなと思っていることを書いて、応じてくれました。そして待ち合わせ場所を歌舞伎町に設定して、駅の近くで会うことにしました。
しかし現れた人は、明らかにお金を持っていない人でした。10万円という話をすると、そうしたお金を払うなら体の付き合いだと言われました。そしてホテルに強制的に連れて行かれて、何度もプレイをする羽目に。ぐったりしている時に、目を離した瞬間に逃げられたみたいで、お金ももらえないで終わってしまったんです。
こんなことは2度と経験したくないですね。

家出している女性のパパ探しの実態

神待ちという言葉自体が少し前に流行ったものですので、今のスマホを利用しているゆとり世代は浸透していません。どちらかと言えば、援助交際(割り切り)の延長で「どなたか泊めてください(T . T)」という書き込みをする若い女性が増えています。

家出女がそんなにいるわけない
神待ちなんてメディアが作り上げた妄想
と思う方もいます。確かに家出女性はごくわずかです。18歳を過ぎた女性が家出するなんて事はあまりないです。20歳を過ぎてからは、働く人も多いですので「家出」なんて幼稚なことをする人はいない。普通に考えればそうです。

ですが、家出女性は毎年発生しています

家出掲示板の実態調査を引用

コメントする